妊娠 浮腫

適度な運動を

妊娠線予防

妊娠中は浮腫みにも注意が必要です。妊娠中に浮腫むのは体内の血液と水分のバランスが崩れているから起こるのですが、この状態が続くと血液もドロドロしてしまいます。血液がドロドロして流れにくいと赤ちゃんに栄養を運べないだけでなく、血栓を作ってしまい血液の流れをストップさせてしまう可能性があるのです。
この状態はかなり酷い状態ですが、昼間や夕方は浮腫んでいたけど一晩寝たら治ったという程度の浮腫みなら、心配はいりません。

 

浮腫みには体質もありますが、なりやすい人とそうでない人がいます。仕事がデスクワークや接客業の人は浮腫みやすい傾向にあります。長時間同じ姿勢でいるので、血液の循環が悪くなるのが浮腫みの原因とされています。
また、冷え性や運動不足の人、高齢出産の人も妊娠中浮腫みやすいと言われています。要は、血のめぐりの問題なので日頃から全身の血液がきちんと循環するように、適度な運動が肝心です。

 

ただし、心配のし過ぎは禁物です。浮腫=悪いこと=怖い!とすぐに思わないで、赤ちゃんは順調に育っています。栄養バランスを考えて食事をして、何事も適度を心がけていれば赤ちゃんに異常はないし、ママ自身も快適な妊娠生活を送れますよ。