妊娠線 いつから

個人差があり、油断できない!

妊娠線予防

妊娠すると気になる妊娠線ですが、いつからできるのでしょうか。個人差はありますが、妊娠初期の悪阻が終わった頃からでき始めます。悪阻が終わるとどんどん食欲も増して、赤ちゃんも大きくなります。そうするとお腹も大きくなるので、妊娠線ができやすくなります。
悪阻が終わってやれやれと思っていると妊娠線ができるなんて、何だか複雑です。

 

でも、一気に体重が増えたりカロリーが高いものを食べるのは、妊娠線の素になってしまうのでなるべく控えましょう。
それと共に、栄養バランスを考えた食事は、妊娠線予防にとっても赤ちゃんにとっても良いことなので、考えて食事をしましょう。

 

また、妊娠線ができるのは何もお腹だけとは限りません。乳房や太ももにできる人もいます。乳房の妊娠線は乳輪を中心に放射線状に出現し、太ももの場合も同じようなかんじで出現します。

 

一般的に妊娠線が出現し出すのは、妊娠初期からですが妊娠後期も油断はできません。妊娠初期・中期と妊娠線が出なかったから出ないのかな〜と油断していたら、産前数週間前に妊娠線が出現した!なんてケースもあるので要注意です。
自分の体調を見ながら様子を見ながら、妊娠線ケアをして下さいね。