妊娠線 予防

妊娠線を予防するには

妊娠線予防

赤ちゃんができてお腹がどんどん大きくなると気になるのは妊娠線です。妊娠線は一度できてしまうと消えないので、予防が一番大切なんです。

 

では妊娠線はどうしてできてしまうんでしょうか。皮膚は三層から構成されています。肌表面から表皮・真皮・皮下組織の順番です。肌表面の表皮は伸びしろがあるのですが、肌内部の真皮部分は弾力性がなく、同じく弾力性がない皮下組織に引っ張られ限界を超えると亀裂ができてしまうのです。亀裂ができると言っても痛くはないので、安心して下さい。

 

これを予防するには妊娠線予防クリームを塗布する意外にありません。少しでも肌を柔らかくしてあげて、お腹に亀裂が入るのを防ぐのです。
でも、妊娠線ができるかできないかは体質もあるので、妊娠したらみんながなるわけではありません。どんなタイプの人がなるかというと、元々太り気味で皮下脂肪が厚い人や双子ちゃん三つ子ちゃんを妊娠している人、小柄な人、乾燥肌の人などが妊娠線ができやすいとされています。

 

妊娠線は赤紫色の血管が浮き出たような状態になります。出産後しばらくすると薄くなり肌色っぽいというか白っぽくはなりますが、妊娠線があったと分かってしまいます。そうならない為にも、妊娠線予防クリームを塗布する必要があるのです。

 

妊婦さんになる前に脱毛しよう!

 

妊娠すると、出産するまで脱毛サロンで脱毛することはできません。人気脱毛サロンのミュゼでも妊娠・授乳中のお手入れはできないことになっています。ですが、出産して子供が大きくなると、どんどん脱毛サロンに通う時間はなくなってしまいますよね。ですので、妊婦さんになる前に通い始めるのがベスト。
参考サイト:http://www.xn--qckxa8hyaw4dtc8166b94m43fg0iea7508q.com/|ミュゼ グラン大宮の行き方

 

なお、大宮のミュゼ(グラン、東口、西口いずれも)では、施術の再開は授乳終了後、生理が2回以上順調にあることが条件になります。もし、現在お手入れが中止になっている方は、こちらの回数を目安に、ミュゼ大宮に相談に行きましょう。

ベルタ妊娠線クリームで予防!

妊娠線予防

妊娠線を予防するならおススメはベルタ妊娠線クリームです。ベルタ妊娠線クリームは、アミノ酸や5種類のビタミン、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンが配合されています。しかも、妊娠線予防・ケアで実績があるシラノール誘導体が配合されているので、とても妊娠線予防には効果的なんです。

 

妊娠線の予防は、初期段階からケアするのが肝心です。大きくなったお腹に気を取られて気がついた時には、もう手遅れ...なんて事にならないように早目のケアが必要です。
悪阻中にクリームを塗布しても全く問題ありません。また匂いも柑橘系になっているので、悪阻中の何にでも敏感になっている時にはいいんです。その臭いさえもイヤと言う人には、無香料もありますから安心して下さい。また、ベルタの妊娠線クリームは容器もオシャレ。ボディケアをしている感覚でケアできちゃうんです。

 

ベルタ妊娠線クリームには嬉しい定期便もあります。送料が無料になったり、割引になったりするのですが、ただでさえ慌ただしい妊娠期間中に定期的に届いてくれるので何度も注文する手間が省けるのは嬉しいですよね。

 

出産後もキレイなママでいる為にも、妊娠中からできる妊娠線予防はきちんと続けて出産に臨んで下さいね。

更新履歴